江戸川区の注文住宅の特徴とは

江戸川区は東京都の中でも地価が安いので、広めの注文住宅が建設されています。

都心部ではコンパクトな家が建てられることが多いものですが、江戸川区の場合は式地に余裕があるので、大手のローコスト住宅も建てやすくなります。

詳しく知りたい江戸川区の新築一戸建てに関するマニアックな情報をお届けします。

ローコスト住宅による注文住宅は、使用する材料が規格化されてすでに生産されているのが特徴です。



そのために設計もその材料を使うことが前提となるために、ある程度の敷地が必要となるわけです。

都市部の狭小地ではローコスト住宅が建てにくいとされるのはこれが理由です。

江戸川区は土地の取得も予算を抑えて行えますし、さらに家の建設も安くできるという点でかなりお得と言えます。
もちろん予算に余裕があれば、設計事務所に依頼してフルオーダーによる注文住宅を建てることができます。この場合には材料を手作業で加工するために費用も時間もかかります。けれども職人の手による細かな部分までこだわった住まいを建てることができるわけです。



ローコスト住宅とは異なり、部屋の間取りも細かくサイズを調整できるので、家具の配置や収納の位置などあらゆることを考慮してプランニングすることができます。

さらにフルオーダーメイドによる注文住宅の場合には、建材にもこだわることにより内装や外壁の質感や耐久性などを細かく自由に決めることができます。

建築士に任せることで、イメージする住空間を実現するための最適な材料を選び出してくれることになります。